まぐろ翡翠道中記~巻ノ五・荒ぶるドレディアを鎮めよ~【ポケモンレジェンズアルセウス】

【前回】

 

シンジュ団キャプテン・ユウガオさんの頼みで、盗まれた石板を無事窃盗団から取り返した調査隊員ほんまぐろ。

まずは新たなライドポケモンであるガチグマに認めてもらうべく、ユウガオさんに呼び出してもらいます。

 

いざ、勝負!

地面タイプ付いてるなんて聞いてないよ…。

前情報は入れないでおいたので、初手レントラーで無事死亡。

ノーマル単体だと思付てたんだけどなぁ…。

 

その後何とかガチグマに勝利するも、ガチグマを鎮める方法が分かりません。

バサギリのように謎の雷で粗ぶっているわけでもないですし…。

 

助けてー!ユウガオえモン!!

いや最初から使えよ…。

レントラーは無駄な犠牲だった。

 

効き目が強すぎてあまり使いたくはなかったんでしょう。

食った後はウッウアスキーアートの鳥みたくオエッてましたし。

なんとか落ち着きを取り戻したガチグマに旋律を聞かせ、無事認めてもらうことが出来ました。

アヤシシに次ぐ新たなライドポケモン、ゲットだぜ!

 

 

ぐまぐま?

ぐ~ ぐまぐまま ま?

まさかガチグマがアナグマ語使いだったとは…懐かしい。

 

そんなガチグマはアヤシシと違いダッシュやジャンプができない代わりに、ダウジングのように匂いを辿ってアイテムを掘り返すことが出来ます。

操作を開始すると早速付近にアイテムの反応が!

初めてのアイテム堀り、何が出るか楽しみです!

 

 

 

 

誰かの黒歴史を紐解いてしまった。

掘った穴に戻してそっとしておいてあげて…(涙声)

匂いを辿ってキングの好物を持ったキャプテン・ヒナツを探すことに。

 

罰が当たっただなんてとんでもない。

濡れたおみ足、ありがとうございます。

 

調査開始時から怪しい動きをしていたヒナツですが、実際は世話をしているキングが心配で頑張っていただけの良い子でした。

迷惑をかけたとユウガオ婆さんにも謝るヒナツですが、そんな彼女に対してユウガオ婆さんは

 

 

丸投げ

流石に年の功は伊達ではない。

ヒナツからシズメダマを受け取り湿地の奥へと更に分け入ります。

そしてついに登場。

 

バサギリに続く新たなキング(というかクイーン)のドレディア

バサギリは横に突っ込んでくるだけでしたが、ドレディアは縦に攻撃してくるタイプ。

空高く飛び上がり、勢いよく連続で踏みつけてきます。

流石にまだ簡単ですが、バサギリよりかはアクションげーっぽくなっています。

前回同様相手の隙を付いてシズメダマをぶち当て続ける剛腕右投手・ほんまぐろ。

キレ○、根性○、対エース○、重い球に低め○まで兼ね備えたキレッキレのエースです。

 

無事、ドレディアを鎮める事に成功。

 

君なんか写真と違わない?

従来のドレディアがアイドルっぽい見た目なのに対して、ヒスイのドレディアはバレリーナっぽい感じで個人的にはこっちのほうが好きです。美しい格闘タイプは貴重。

 

こうして湿地の調査も無事完了しました。

次回の調査も楽しみです!

【次回】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。