プレイ中ソシャゲ紹介&そして物申す

どうも、ほんまぐろです。

スマートフォンが発達し、誰もが気軽に遊べるようになったスマートフォン用ゲーム

通称ソシャゲ

個人的に「ゲームといえば家庭用ゲーム!」という考えなのですが、家庭用では遊べないような内容が遊べるのもまた事実。

今回は自分がプレイしているソシャゲを経歴と共に紹介致します。

 

パズル&ドラゴンズ

言わずと知れたソシャゲのパイオニア

この作品がソシャゲ業界を切り開き育てたと言っても過言ではありません。

コツコツとプレイを続け、今ではログイン日数は2400日を突破。

6年近くもプレイし続けているとか、自分でも信じられません。

しかし真面目にプレイしていたのは四神が登場した辺りまで

以降はソシャゲ特有のインフレについていけず、ログインのみの毎日。

今では貰った石でガチャを引くだけのシミュレーターとなりました。

とはいえ、短命が宿命のソシャゲでここまで続くという事は、それだけ楽しんでいる人達が大勢いるのも事実。

実際、今も多くの人達がプレイし、その人達を目当てとした企業が続々とコラボしています。

かくいう自分もペルソナやデビルメイクライ等、好きなゲームのコラボが実現するとワクワクします。

次はどんなタイトルとコラボしてくれるのか、楽しみです。

 

ラストクラウディア

2019年4月より配信開始されたアクションゲーム

このゲームの最大の特徴は2Dドットです。

イベントから戦闘に至るまで、全編にわたって2Dドットで描かれています。

リアルタイムで進行する戦闘シーンはさながら往年のテイルズシリーズのよう。

ゲーム機の性能が上がり、3Dのゲームが当たり前になった今でも2Dのゲームを好む自分にとって、数少ない2Dゲームを遊びたい欲を満たしてくれる貴重なゲームでです。

欠点はインフレが激しい事と販促が激しい事。

まだ配信開始してから2年も経っていないのですが、ゲーム内の数値は配信当初の数倍から数十倍に膨れ上がっており、早くもついて行けるか不安になります。

販促に関しては、1つのイベントが始まるとそれに対してガチャがいくつも追加されます。

下の画像は最近(2020年7月)始まったコラボイベント中のガチャ画面ですが、画像下の菱形がガチャの数を示しています。

その数なんと13

ゲーム内通貨で引けるガチャを除いても実に十数種類のガチャが同時に実装される始末。

あまりの多さに機種変に来たものの同じようなスマホばっかりで混乱しているおばあちゃんの如く狼狽えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

何なのだ、これは!どうすればいいのだ?!

このレベルのインフレと販促にはついていけないので、無課金でコツコツとプレイ中。

 

DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA

スクウェア・エニックスが誇る人気シリーズ「FINAL FANTASY」に登場する歴代主人公や悪役が共演するアクションゲーム「DISSIDIA FINAL FANTASY」

そのDISSIDIAをコマンドRPGとして楽しめるのがこの「OPERA OMNIA」です。

お気に入りの主人公や好きな悪役のあの技やこの技を駆使して戦う戦闘システムはFFファンにはたまらない演出が目白押しです。

更にこのゲームの素晴らしいところは、主役級のキャラクターではないキャラクター達も参戦している事。

ガイ(FF2)やギルバート(FF4)、アミダテリオン(FFCC)等、主役達が抜擢されることが大半なオールスター系のゲームでは拝むことができないキャラクター達を操作出来ます。

問題としては、最初から登場する主人公達より後から実装されるマイナーなキャラの方が強くなっている事。

誰が呼んだか通称脇役オムニア

 時期が経つと調整されて強くなるキャラもいるものの、やはりソシャゲの宿命・インフレに飲まれて忘れられる運命

 

  

 

 

  

 

サイファーより強い風神と雷神なんて見たくなかった

 

ポケモンマスターズ

ポケモンとDeNAがタッグを組んだゲーム

今までのポケモンゲームとは異なる、ポケモントレーナー達に焦点を当てたゲームです。

トレーナー達がメインということもあり、キャラクターのモデリングは非常に素晴らしい。

お気に入りの主人公やトレーナー達を思う存分愛でることができます。

問題はそれ以外全て

DeNAの常軌を逸したヘボ運営により、非常に遊びにくいゲームになっています。

あまりのヘボっぷりに、とてつもない長文でプロデューサーが謝罪をする始末。

最近はかなり改善されたものの、まだまだ遊びやすいというには程遠い感じ。

素材はいいのになぁ…

 

ポケモンカフェMIX

2020年6月より配信開始されたパズルゲーム

ポケモン達のアイコンを繋げて消してパズルをクリアし、ポケモン店員を増やしていく事でカフェを経営していくのが主な目的です。

パズルは運ゲー要素が強いものの、登場するポケモン達は非常に可愛いです。

更に登場するメニューはどれも非常にハイクオリティ

思わず食べたくなるようなものばかりです。

課金要素もほぼ無く、無課金プレイヤーにとって非常に優しいゲームです。

 

ソシャゲに物申す

以上が現状プレイしているソシャゲになります。

どれも楽しませてもらっていますが、一つだけ不満な点があります

それは課金要素が強すぎる事。(ポケモンカフェは除く)

これに関してはソシャゲ全般に言える事ですが、ゲーム内容の要素が課金と結び付き過ぎており、「無課金を貫く」という鋼の意思がなければあっという間に大金が無に帰ります。

世界的にガチャがギャンブルとして危険視されている昨今、日本のガチャに対する認識の甘さははっきり言って異常だと思います。

ある程度自由にお金が使える社会人は良いとして、未成年が極限までお金を使える現状は何とかすべきかと。

最近は家庭用ゲーム機の勢いが盛り返しているようにも感じられるので、ソシャゲ業界も同じようなやり方では生き残れないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。