GHOST OF TSUSHIMA プレイ感想

どうも、ほんまぐろです。

2020年7月17日に発売された「GHOST OF TSUSHIMA」

こちらを購入しましたので、序盤を遊んだ感想を載せていきます。

 

GHOST OF TSUSHIMA とは?

時は文永。

コトゥン・ハーン率いるモンゴル帝国の侵略を退けるべく、上陸された対馬にて決戦を仕掛ける日本だがモンゴル帝国の圧倒的な武力により壊滅。

唯一生き延びた武士・境井仁は対馬の民を守るために武士としての誇りと戦い方を捨て、冥府から蘇ったもの「冥人(くろうど)」としてモンゴル帝国へと立ち向かっていく。

というのが大まかなストーリーです。

 

日本人が夢見続けたオープンワールド

ゲームのジャンルとしてはオープンワールド系のゲームなのですが、今作が今までのオープンワールドと一線を画しているのは「舞台が鎌倉時代の日本」であるという事。

オープンワールドといえば大抵は中世ヨーロッパや架空の世界を冒険することが多く、日本的な要素もあるものの限られた一要素としての登場がほとんどでした。

そんな中登場した本作は、鎌倉時代の対馬を丸々舞台とした作品であり、過去のゲーム史を紐解いてみても皆無と言ってもいい、純和風なオープンワールドとなっています。

 

「いつか日本を舞台にしたオープンワールドを遊んでみたい」

 

ゲーマーなら一度は考えたであろう夢のような内容を思う存分堪能できる、まさに夢のような作品がこのGHOST OF TSUSHIMAなのです。

 

圧倒的な映像美

元々オープンワールドの名作であるインファマスシリーズを手掛けていたSucker Punch Productionsが手掛けた今作。

その映像美は圧巻の一言。

鬱蒼と生茂る森とそれを包む霧

風にたなびくススキや舞い散る銀杏の葉、紅葉の葉等…

日本特有の景観が最高級のクオリティで表現されており、そこを自由に探索するのは日本人ゲーマーにとっては誇張抜きで「日本に生まれてよかった」と思えるクオリティなのでは無いでしょうか。

この映像美をさらに際立たせるのがフォトモードの存在。

昨今のオープンワールドゲームなら当たり前に搭載されている機能ですが、今作にももちろん搭載されています。

この機能を使った日本の風景を絡めた写真撮影が楽しすぎる。

あまりの楽しさに、つい目的地を外れて景観の良い場所をうろうろ

気がついたらリアル世界で数時間経っているなどザラです。

戦闘中に使えば見栄えの良い殺陣シーンに。

更に今作特有の機能・白黒モードを使用すれば更に雰囲気は倍増

 

 

 

 

 

世界のKUROSAWAもビックリな程の雰囲気たっぷりな写真を撮影することができます。

 

侍として戦うか、冥人として戦うか

主人公・仁は誉高い武士である為、闇討ちや飛び道具などの卑怯な行動を嫌います。

その為いざ戦闘が始まれば真っ先に名乗り、真っ向から戦います。

「武士道といふは、死ぬ事と見つけたり」を地で行くブシドースタイルはわかりやすい半面、すぐに囲まれる為非常に危険です。

そんな仁が覚えていくのが冥人としての戦い方。

闇討ち、暗殺、飛び道具…

「勝てばよかろうなのだァァァァッ!!」を地で行く究極生命体スタイルによる戦い方は、よくあるオープンワールドのステルス戦闘と似ている為非常に戦いやすく、安定した立ち回りが出来ます。

 

誇り高き戦いか、絶対に負けられない戦いか

どちらの流儀を取って戦うかは、プレイヤーである貴方が決めてください。

 

気になる点

気になる点は現状無いです。

ありとあらゆる要素が楽しく、「ただ歩いているだけで楽しい」というオープンワールドゲームの本来の楽しさを十二分に引き出せていると思います。

強いていうなら何回かフリーズした事くらいですが、オープンワールドにバグは牛丼に紅生姜レベルで切っても切り離せないので、あまり気にはならないです。

 

誰もが侍になれるゲーム

このゲームを開発したSucker Punch Productionsのスタッフは、インタビューでこう言っていました。

「誰だって一度は侍になってみたい。【侍になれるゲーム】、それだけで伝わるんだ。聞くだけで遊びたくなる」

と。

その言葉通り、日本人が歴史やドラマを通じて慣れ親しんできた「侍」を、自分の手で操作することができるゲームです。

チャンバラや多少の流血表現が気にならない、という方は是非プレイされることをお勧めします。

境井仁という侍の物語を自分の手で操作する事で、きっと知り得ることが出来るはずです。

 

境井仁の生き様を。

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

境井仁のプリケツを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。