スカーレットネクサス体験版から感じるジャパニメーションの素晴らしさ

どうも、ほんまぐろです。

6月24日に発売予定のゲーム「スカーレットネクサス」

こちらの体験版がPS4およびPS5にて配信された為、DLして遊んでみました。

今回はその感想を書いていきます。

 

スカーレットネクサスとは

そもそも今作はバンダイナムコによるアクションゲームです。

ゴッドイーターシリーズやコードヴェインの路線を受け継いだアニメチックなグラフィックや世界観が特徴のアクションゲームとなっています。

過去のやらかしから「バンナムのキャラゲーと新規IPは様子見が鉄板」という風潮(つまり殆ど)がはびこっている昨今、体験版をきちんと出して消費者に触ってもらう機会を作ったのは英断だと思います。

 

爽快アクション

肝心のゲーム内容はどうかというと、想像していた以上に面白かったです。

グラフィックはPS5も視野に入っているためか抜群に素晴らしく、ジャパニメーション系のゲームの中でもトップクラスに入るのでは?と思えるレベルです。

そうしたグラフィックがすごいゲームはよく処理落ちでカクつく事が多いイメージですが、今作は目立った処理落ちも殆どなく、抜群のアクション性と爽快感を両立したハイレベルなアクションを堪能できました。

主人公達は「超脳力」と呼ばれる力を使い、発生する怪異に立ち向かいます。

各キャラによって使用できる脳力は発火や電撃、瞬間移動や硬質化等バリエーション豊富でそんな仲間の脳力をうまく使いながら戦っていきます。

主人公の脳力は「念力」で、周囲にあるオブジェクトを相手にぶつける事で大きなダメージを与えることが可能です。

そうして弱った相手を念力で仕留める瞬間は非常に豪快かつ爽快。

そしてPS5のアダプティブトリガーを使用した振動が非常に気持ちよく、戦っていてとても楽しいです。

爽快感あふれるアクションを遊びたい人にはお勧めできる内容だなと体験版を遊んで思いました。

ゴッドイーターやコードヴェインのような可愛い女の子達を拝みながら遊びたい人には特におススメです。

最近ゲームにリアリティを求める風潮が強くなっているように思えます。

「そんな小さい女の子がでかい武器振り回されるわけねぇだろw」とか

「戦場行くのにスカートww戦う気あるの?ww」とか

 

いいんですよ別に。

ゲームなんだから。

女の子が髪を可愛く整えて戦ってもいいんです。

へそ出し生足スカートなんでもOK

防御力0で戦ってもいいんです。

だってゲームなんだから。

ハナビちゃん可愛い。

  

気になった点

爽快なアクションを堪能できましたが、勿論気になった点もあります。

それはずばりアクション面。

アクション面を褒めておきながら何言ってんだと思われますが、体験版では基本的に

切る→念力で物をぶつける→切る念力で物をぶつける

の繰り返しで非常に単調です。

所詮体験版なので、製品版では成長するにつれて取れるアクションは多くなっていくんでしょうが、どれくらい多彩になるか現時点では分からないためちょっと不安ですね…。

そして仲間の脳力を借りるシステムですが、敵の中にはそういった脳力を使わないと倒せない敵も存在します。(普段は無敵なので透明化を使って攻撃できるようにする。逆に透明になってるので索敵を使い透明を解除させる、等)

こういう「使わないと倒せない」系の敵って総じてテンポ悪くなるので個人的にはあまり好きじゃないんですよね…。

おまけにそういう必要な能力に限って使用時間が短いので更にテンポが悪くなる。

 

そして個人的に気になったもう一つの理由は発売日。

  • 聖剣伝説LoM リマスター(6月24日発売)
  • 戦国無双5 (6月24日発売)
  • スカーレットネクサス(6月24日発売)

 

だからさぁ

ゲーム業界はさぁ

発売日を被せるのをさぁ

 

 

 

 

 

 

 

発売日購入も視野に入れてOK

新規IPとは思えない抜群の完成度とクオリティを誇っている為、気になった方は発売日購入も視野に入れて考えて頂いて十分だと思います。

戦闘の短調さが気になりましたが、あくまで体験版なので今後バリエーション豊かになる事を考えたらそこまで気にならないハズ。

後は他に買うゲームがないかどうかが一番の争点かな…。

ちなみに自分は他2作の方が優先度が高い為様子見します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。