令和だからこそ遊んでほしい!3DSバーチャルコンソールのおすすめ名作ゲーム -携帯機篇-

どうも、ほんまぐろです。

先日任天堂より3DSおよびWiiUにおける電子マネーの取り扱いに関するお知らせが配信されました。

https://www.nintendo.co.jp/support/information/2021/0720.html

引用:任天堂公式サイト

お知らせの内容を読んだ限りでは、3DSとWiiUにおけるeショップ内でのクレジットカード・交通系電子マネーによる残高チャージが2022年1月18日をもって行えなくなるようです。

任天堂公式サイトからの残高チャージやプリペイドカード購入によるチャージは引き続き行えるようなので、完全に遊べなくなるという訳ではないようです。

それでもeショップから衝動買い気軽に購入できなくなるのはちょっと寂しいです。

そこで、今回は2機種のうち多くの人が所持しているであろう3DSに焦点を絞り、今遊んでも楽しい携帯ゲーム機向けヴァーチャルコンソール(VC)ソフトをご紹介致します。

 

お勧めゲームソフト-GB-

【スーパーマリオランド2 6つの金貨】

ゲームボーイで発売されていたスーパーマリオランドシリーズの第2作目。

今後の派生作品でマリオの永遠のライバル・ワリオのデビュー作でもあります。

ワールド制により非常に自由度が高く、自分の好きな順番でステージを遊ぶことが出来ます。

各ステージも森林y海といったオーソドックスなものは勿論、ホラーハウスや果てはマリオの体内といったイロモノステージまで非常にバリエーション豊かで、攻略するごとに見た目が変わっていくギミックも印象に残っています。

 

【スーパードンキーコングGB】

スーパーファミコンで大ヒットを飛ばした名作シリーズのゲームボーイ版。

徹底的に描きこまれたグラフィックはスーパーファミコンとそん色がないレベルのクオリティを誇ります。

ゲームボーイでこの立体感は本当に凄い技術だと思います。

操作性も基本的なシリーズと同じなので、スーパーファミコンのゲームを気軽に遊べるという携帯ゲームソフトの理想的な在り方です。

一つ残念なのはグラフィックが凄すぎて敵が見づらく、難易度が鬼畜レベルという事でしょうか…。

 

【ポケットモンスター ピカチュウVer】

今や世界的な作品となったポケモンシリーズ。

その中でも看板キャラクターと呼べる程に人気者となったピカチュウをメインに据えたバージョンです。

人気者であり続けるために日々スリムな容姿にデフォルメされている所謂「商業チュウ」ではなく、昔懐かしいまん丸太った「ピザチュウ」を存分に愛でる事が出来ます。

ゲームボーイの音源ながら再現されたアニメ版の鳴き声や、ハートゴールド・ソウルシルバーで人気を博した連れ歩きの原型となる後ろを付いてくるピカチュウ等、まさにピカチュウ好きの為の不朽の名作となっています。

実質的なリメイクでもある「Let’go」も名作ですが、よりレトロな雰囲気で楽しみたい方はこちらもお勧めの一本です。

 

お勧めゲームソフト-GBC-

【ポケットモンスター 金銀】

分にポケモンの魅力を教えてくれた忘れられない名作。

初代でポケモンの世界を堪能し尽くした当時のキッズ達は、見知らぬ世界で出会う見知らぬポケモン達にテンションを爆上げしながら大興奮したものです。

さらにトドメと言わんばかりの

カントー上陸

レッド登場

キッズ、昇天

 

【女神転生外伝ラストバイブル】

アトラスが誇る人気シリーズ「女神転生」における初めての携帯ゲーム機向け作品。

2Dマップや聖剣伝説のようなファンタジー要素が多い等の従来シリーズとは違った世界観が楽しめます。

そして一番の特記事項はBGMの素晴らしさ。

通常戦闘のBGMの時点で異常に格好いい。

この曲を聴く為だけに買うのもありなレベルだと思います。

 

【ロックマンX2 ソウルイレイザー】

よりシリアスでスタイリッシュなロックマンとして人気を博したXシリーズのゲームボーイカラーVer

X3とX4の間に起った事件を描くオリジナルストーリーとなっております。

ロックマンX1・X2・X3のボスとステージをごちゃまぜにした内容であり、これ1本で各作品の美味しいところを堪能できるという優れものです。

シリーズに慣れ親しんだ人でも「X1の特殊武器がX2のボスに効く…だと!?」といった風に新鮮さを味わうことが出来、非常にお勧めの一本です。

惜しむらくはバグが多い事。

中でも「最終ステージで脱出機能を使うとそのままエンディングに突入する」という前代未聞のアホバグは衝撃を受けました。

どこまで脱出してんねんと子供ながらに突っ込んだのを覚えています。

 

【ポケモンカードGB】

世界的な人気を誇るポケモンカードゲーム初のゲーム。

初代の時点でルールやAIは抜群の完成度を誇り、現実のカードゲームと同じ要領で楽しむことが出来ます。

少ない小遣いで満足に拡張パックを買う事も出来ないキッズでだった自分にとって、思う存分にデッキを試行錯誤できる今作は神のような作品でした。

ゲームバランスはサンダーを筆頭にそこまで練られているわけではないですが、気軽にポケモンカードを楽しみたい方であれば今遊んでも楽しい作品だと思います。

 

レトロゲームだからこその素晴らしさ

2021年になり、多くのゲーマーはswitchやPS4・PS5でゲームを楽しむようになりました。

グラフィックやシステム等、過去とは比べ物にならない程に進化した最新のゲームに慣れ親しんだ現代人にとって、ゲームボーイの作品は一見するとショボいだけのつまらないゲームに見えてしまいがちです。

しかしそれは大きな間違い。

当時の限られたリソースの中で「これはしっかり再現したい」とか、「これに関しては妥協したくない」といった製作側の拘りと矜持が詰め込まれた魂の名作が沢山存在します。同じくらいクソゲーが存在するのもまた事実。

最新のゲームを楽しんだ後はぜひ、3DSで過去の古き良きレトロゲームを楽しんでみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。