TGS2021-東京ゲームショウ-に物足りなさを感じている現実

どうも、ほんまぐろです。

9月30日よりいよいよゲーマーにとっての一大イベント「東京ゲームショウ2021」が開催されます。

https://tgs.nikkeibp.co.jp/tgs/2021/

引用:TGS2021 公式HP

新型コロナウィルスによる影響で、去年に引き続き今年もオンラインでの開催となりました。

今回は自分の希望や妄想を詰め込んだ気になる各メーカーの内容予想や、TGSそのものに関する思いのたけを書いていきたいと思います。

 

ディースリー・パブリッシャー

十中八九「地球防衛軍6」の続報がメインになるかと思われます。

このシリーズはSIMPLEシリーズだった頃から大好きで、ナンバリングを重ねる毎にクオリティやスケールが大幅に進化している為、毎回非常に楽しませてもらっています。

今回もトレーラーを見ると5から劇的に進化していそうなので、新しい武器や新しい敵などの情報を期待しています。

前作の戦争で人類の9割が死滅しているという、更に絶望的な世界観になっているのが衝撃です…。

ですが、そんな絶望的な状況でも防衛軍の英雄はきっと華麗な前転活躍を見せてくれることでしょう。

EDF!EDF!ED…なんだあれは…?う、うわぁぁぁぁぁああああああ(ブッ…ザアアアァァァァ…)

カプコン

バイオハザードヴィレッジやモンスターハンターRISE・ストーリーズのDLCアップデート情報垂れ流しになる悪寒

モンハンRISEやバイオハザード自体は非常にクオリティの高い名作だったので、そこに注力してくれるのはありがたいっちゃありがたいんですけどね…。やっぱりお祭りなので完全新作の情報もある程度は欲しい所。

もしくは既に発表されているプラグマタの続報もぜひ欲しい。

あとリアルDr.ワイリーにぶっこ抜かれたデータにあった新作情報も

 

スクウェア・エニックス

なんと言ってもFF16の続報でしょう。

本当に楽しみなので、ぜひ続報を出してほしい。

吉田Pが「綺麗なトレーラーじゃなくて微妙でもいいから実際のゲーム画面を見せたい」と以前仰っていたので、まず間違いなく新しいプレイ動画を見せてくれると思います。(威圧)

あとは以前発表したHD-2D版ドラクエ3やトライアングルストラテジー、ダイの大冒険IS等の続報も期待したい。

最近のスクエニは「発表だけして投げっぱなし」という悪い癖全開だったので、そろそろバシッと発売日なりを発表して欲しい所です。

 

セガ/アトラス

発表済みの製品としては「真・女神転生V」の続報がメインになりそうです。

巷ではペルソナ6のサプライズ発表が囁かれていますが、まだ5も好調なのに出るか~??

 

 

 

と思ったらもう既に5年前のゲームだった。

嘘だろ……???

個人的にはプロジェクト・REファンタジーの続報をそろそろ欲しいかなと思っています。

未だに何の情報もなく、流石に頓挫はしていないでしょうが不安になっています…。

発足お祝いPVでスクエニのヨコオタロウが「客層被るから諦めてください」と明言していたので何かしらの妨害工作を喰らっている可能性も…。

 

コーエーテクモ

発売を控えた真・三國無双8 EmpiresやBLUE REFLECTION TIEの続報がメインだと思いますが、公式HPには「未公開タイトル」の文字もあるので少し期待しております。

個人的には無双スターズの新作が来て欲しい。

キャラクターの少なさ等であまり評判はよろしくないですが、個人的にはかなり好きな作品でした。

討鬼伝のキャラやソフィーで無双が出来るのはこの作品だけなので、新たなアトリエキャラによる無双もぜひ見たい。

趙雲の如く相手の顔を太ももで挟みつつグルグル回転切りをかますライザはよ

戦国無双がキャラデザを一新したので、新たに新生・無双OROCHIなんかも欲しい所。

 

あの頃のTGSが懐かしい…。

こんな感じで、今回も多くの新情報が公開されると思います。

それ自体は非常にありがたいし、純粋にとても楽しみです。

ただし、これだけは言わせてほしい。

 

 

 

 

やっぱり現地で見たかった…。

オンラインの人混みを気にせず自宅でゆっくり楽しめるTGSも素晴らしいです。

でもやっぱりTGSの大きな魅力はあの会場の雰囲気そのものなんです。

 

薄暗い照明の中周りからは様々なゲーム音や司会者の声が聞こえ、見回せばキャラクターのモニュメントや特設ステージが乱立し

コスプレをした集団が練り歩き、様々な特典や付録・新作試遊・物販を目指してブースを右往左往し

ふっと目をやればコンパニオンのお姉さんがニコッと笑いかけてくれる…

 

 

 

 

あの周囲がゲーム要素で覆い尽くされた非日常感がたまらない。

あの空間を気ままに歩きながら全身でゲーム要素を楽しむのがTGSの一番の楽しみだと個人的には思っています。

新型コロナウィルスの影響で去年に引き続き今年もオンライン開催となってしまったのが非常に悔しいですね…。

 

でも、TGSはそんな自分たちに素晴らしいゲーム情報をたくさん届けてくれるに違いない。

それを楽しみにしたいと思います。

どれだけ辛くても、現実が思うようにいかなくても

 

 

 

「それでも、僕らにはゲームがある。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。