トロコンは地獄…戦国無双5プレイ後の感想アレコレ

どうも、ほんまぐろです。

6月24日に発売された戦国無双5。

こちらをトロフィーコンプリートまで遊びつくした為、ストーリーやシステム等について感想を述べていきます。

ストーリーに関してはネタバレとなりますので、未クリアの方はご注意ください。

序盤を遊んだ感想は別記事にて書いておりますので、そちらをご参照ください。

 

キャラクター・ビジュアルに関して

今作における一番の変更点であるビジュアル一新ですが、個人的にはかなり良いと思います。

PS2の頃からのデザインだったため、正直古臭いデザインやおっさんが大半を占めるデザインでしたからね。

徳川家康なんて頭に10円乗っけたおっさんから美少年に変貌してビビりましたけど、動いているところを見ると非常に格好良かったです。

個人的にお気に入りだった服部半蔵と前田利家が非常に格好良くなっていたのでそれも大きなポイント。

ただ一点、ビジュアルを一新するなら声優も一新して欲しかったなという気持ちはあります。

メインである明智光秀を筆頭に従来作と声優が結構被っていたのが気になりました。

どうせビジュアルを一新するなら声優も総とっかえして新鮮な気持ちで遊びたかったというわがままです。

 

システムに関して

前作である4で追加された神速攻撃があまりにも強すぎたため、今作では神速攻撃を弾く盾兵、盾兵に有効な閃技とある種の三すくみになっていました。

序盤であればそれぞれの攻撃の性質をうまく利用して立ち回る必要がある為、飽き防止になっていたと思います。

しかし終盤で武器スキルの改造が自由にでき始めると正直意味はなくなっていました。

今作は馬上の無双奥義が「広範囲突進攻撃」とシンプル故に非常に強く

「攻撃」、「攻撃速度」、「攻撃範囲」、「勇猛」、「無双増加」「騎神」「騎皇」「修羅」

のスキルを付与した武器を担いで馬で轢殺するだけの殺戮場と化していました。

 

シナリオに関して

今作で描かれる時代が短い分、今までピックアップされなかったマイナーな戦いが結構多かったと思います。

ストーリーは織田信長と明智光秀をメインとして進んでいきますが、二人のキャラクター像やシナリオは好き嫌い分かれるだろうなと感じました。

乱世の憎しみを一身に集めて果てる、という信長レクイエムですが、昔は斬新だったとは思いますが今じゃ正直珍しくもないかな…。

信長に関してはビジュアルは過去作と比べるとかなり王道なイケメンになりましたが、王道すぎて陳腐に片足突っ込んでるのも気になりました。

過去作のような変人っぽさも無く、若気の至りを感じさせるような無茶苦茶っぷりもない、至って普通という織田信長として見たらかなり致命的な薄さだったような気がします。

明智光秀は乱世の象徴たる織田・ランペルージを打ち取るスザクの役割でした。声は星刻だけど

本能寺の変を起こした理由が単なる欲に駆られた裏切りなのかどうかが断定できない為、主人公として扱う以上どうしても欲に駆られた悪役に描けないので、こういう描写にするしかないのは納得できました。

 

トロコンに関して

今回は7年振りちかくとなる戦国無双シリーズ最新作だったため、発売への感謝も込めてトロフィーをコンプリートしようと最初から決めていました。

 

 

 

 

マジで地獄だった…。

メインストーリーはサクッと程よくクリアできたので、「トロコンも案外楽に行けそう!」と楽観的になりましたが甘かった…。

今回のトロコンにあたり非常に面倒くさかった要素をご紹介致します。

【親密度上げ】

各武将にはそれぞれに親密度を上げる事が出来る武将がそれぞれ別に設定されています。

この親密度をMAXまで上げるとイベントが見れるのですが、「全部将の親密度イベントを鑑賞する」というトロフィーがひたすらに面倒くさかった。

何故かメインストーリーでは親密度を上げる事が出来ない為、サブモードである(堅城演武…所謂フリーシナリオ)でただひたすらに周回して親密度を上げるという正真正銘の作業地獄でした。

 

【達成度】

今作では宝物庫というイベントやBGM等を記録するシステムがあるのですが、そのうちの

  • ミッション収集率
  • イベント収集率
  • BGM収集率

の3点に100%達成のトロフィーが存在します。

ミッションは各ステージに設定された戦闘中に発生する奴(○○を撃破せよ!とか○○を護衛せよ!みたいなやつ)ですが、一つのステージにつき10個近く存在し、しかも特殊な条件を満たさないと発生しないミッションが大量に存在します。

条件発生の為の行動が複雑なものもかなりある為、上記のような最強馬装備で脳死プレイしているとかすりもしません。

初回プレイからかなり神経を使っても大抵の場合は1ステージで2,3個未達成という歯抜け状態になる為、必然的に虱潰しのやり直し周回プレイをさせられます。

それ以外のトロフィーは割とすんなり収集できたのですが、この2つのトロフィーを集めるために結局総プレイ時間は実に95時間。

 

ペルソナ5の初回プレイ並に長引いてしまいました。

その他にも戦闘準備画面で武器のスキル付け替えが出来ずにいちいち最初の画面に戻らないといけない等、かゆいところに手が届かない絶妙な面倒臭さも気になりました。

 

総評

ビジュアルを一新し、新システムや新たなシナリオ等でシリーズとして再スタートを切った作品。

シリーズ随一の爽快感や過去作とは別次元のスタイリッシュな見た目等、戦闘における遊びやすさや楽しさは戦国無双シリーズの中でもトップクラスでした。

しかし、分かりづらいミッションや詰まらないを通り越して読書のついでに行う作業にまでなり下がっている親密度上げ等、トロフィーコンプリートを目指すのであればかなりの苦行を強いられることになると思います。

 

もし今から目指そうと思う方がいらっしゃる場合は相応の覚悟をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。