Web漫画誌「少年ジャンプ+」 連載中のおすすめ作品10選をご紹介

どうも、ほんまぐろです。

突然ですが「少年ジャンプ+」と呼ばれるサービスをご存知でしょうか。

https://shonenjumpplus.com/

引用:少年ジャンプ+公式サイト

ワンピースや鬼滅の刃、呪術廻戦で有名な超メジャー週刊少年漫画雑誌「少年ジャンプ」のWeb雑誌になります。

従来のジャンプとは大きく異なる点として、

  • 無料で読める(初回のみ)
  • 曜日ごとによって連載されている作品が異なる

という特徴があります。

 

曜日毎で更新される作品たちはどれも非常に高品質で、「スパイファミリー」や「怪獣8号」、「タコピーの原罪」といった作品は週刊少年ジャンプの作品に負けず劣らずの人気を誇ります。

ただ

上記で挙げた作品以外にも非常に多くの名作を堪能できるのがこの少年ンジャンプ+

今回はそんなジャンプ+で、2022年3月現在連載中の作品のうち、特に自分が愛読しているおススメ作品を紹介致します。

 

ダンダダン

オカルティックバトル&ラブ物語

■龍幸伸

更新:毎週火曜

幽霊を信じて宇宙人を信じないギャル・綾瀬桃と、宇宙人を信じて幽霊を信じないオカルトマニアの高倉健を主人公とするSFホラーアクションコメディ。

ジャンルが多すぎて一瞬混乱しますが、幽霊とUMA(未確認生物)を題材とした能力バトルが大きな特徴です。

特記すべきはその絵の上手さ。

妖怪や宇宙人などの不気味な絵やアクション等のクオリティ、描き込みの量が半端ではなく、無料で読める週刊連載のクオリティをぶっちぎっています。

基本的にはアホ路線ですが、時々やってくる感動回なんかは高い画力と相まって非常に感動的な内容となるなど、楽しみ方も多い作品です。

 

ゲーミングお嬢様

目指せ!格ゲー界最強”eお嬢様”!!

■大@nani

連載:毎週火曜

日本中のお嬢様ゲーマーが集う「聖閣東芸夢学園」を舞台に、主人公である祥龍院隆子とその友人達が様々なゲームで盛り上がるコメディ漫画です。

格闘ゲームがメインの題材となっており、格ゲーネタが怒涛の勢いで繰り広げられます。

いかにもお嬢様チックな口調の女子たちが格ゲーあるあるを絶え間なく投げつけてくる勢いは、格ゲーをかじった事がある人にとって抱腹絶倒ものです。更新しない企業系wikiは滅びろ

「お排泄物うざいですわ」や「おハーブ(草)生えますわ」といったお嬢様にあるまじき単語をオブラートに包んだ絶妙な言い回しや「精神年齢虚数野郎」、「法律を学ぶ機会のなかったスラム街お嬢様」等の強烈極まるフレーズは、読んだものの心と腹筋を完璧に奪っていきます。

それでいて本編では熱い展開もあり、非常に読み応えのあるゲーマー向け漫画です。

 

株式会社マジルミエ

ベンチャー企業×魔法少女アクション!

岩田雪花

連載:毎週水曜

現代日本で発生する自然現象「怪異」に対処する「魔法少女」が職業として確立している世界が舞台のSFアクション。

魔法少女やそれに連なる魔法(技術)の設定が非常に作りこまれており、現代日本と魔法少女という一見すると真逆の存在が見事に調和している世界観が大きな特徴です。

魔法少女も制服チックなものからファンシーなもの、いかにも魔法少女のようなものまで存在しバリエーション豊か。

 

また主人公が入社する事になるベンチャー魔法少女会社「マジルミエ」の企業体制や働く事への姿勢・価値観は社会人であればある程刺さる内容であり、「少年ジャンプ」でありながら青年・社会人が呼んでも非常に楽しめる作品となっています。こんな理解ある企業に勤めたい…。

 

おいしいコーヒーのいれかた

恋した女は5歳年上のいとこでした

■青沼裕貴/雀村アオ/結布/村山由佳

■連載:毎週水曜

父の転勤を機にいとこの花村家に居候する事になった高校2年生の主人公「和泉 勝利」と居候先の花村かれん・花村丈姉弟が繰り広げる日常系ラブコメ漫画。

まるで少女漫画の様な淡くて美しいタッチの絵が特徴の作品です。

ヒロインのかれんは主人公の通う高校に赴任してくる教師という、一般的なラブコメ漫画であれば圧倒的に負けヒロインの香りがする設定ですが、そこから主人公との恋愛に発展していく様は非常に甘酸っぱくてキュンキュン来ます。

かれんの弟・丈による漫画史に残るレベルの名アシストっぷりも見ごたえの一つ。

 

エクソシストを堕とせない

恋を知らない少年神父の聖戦記!

■有馬あるま/フカヤマますく

■連載:隔週水曜

神に選ばれた最強のエクソシストである少年と、彼が護衛をする事になる画家の少女・愛月イムリをメインとしたバトルアクション漫画。

天使や悪魔、エクソシストという漫画では手垢がつくほどについ買い古された題材ながら、卓越した絵のクオリティや実在の聖書や神話をモチーフとした斬新な能力描写が特徴となっています。

(マタイによる福音書10章の一節(平和の為ではなくつるぎを投げ込むために来たのである)に準えて悪魔を殺す奇跡の剣を具現化させる、etc…)

 

アラガネの子

師が子を磨く鉱石職人ファンタジー

■佐々木尚

■連載:隔週水曜

鉱石や宝石が特殊な力を持ち、生活の中心となっている世界が舞台のアクションファンタジー漫画。

ルビーは炎、アクアマリンは水といった特殊な力を秘めた石とそれを操る鉱石職人という設定や綿密に練り込まれたオリエンタルな世界観や設定が特徴の冒険活劇です。

高い画力によって描かれるアクションや宝石能力の描写はまさに一級品。

主人公・灰とその師となる朱星など、師弟関係の絆がキーとなっており様々な師弟が登場するのも特徴。

悪い言い方をすればどこかで見たことあるような設定が多いですが、それを微塵も気にさせない画力や名言により見事なまでに超・王道ファンタジーとなっています。

 

ハイパーインフレーション

言い値で買おう、この世界

■住吉九

■連載:隔週金曜

奴隷のガブール人の少年・ルークはある日神から生殖能力を失う代わりに本物の1万ベルク紙幣と全く同じで精巧な偽札を生み出す能力を与えられます。

この偽札は番号が全て同じであり、普通に使えば速攻でばれてしまうもののルークとその仲間は知略でそれをカバーしながら活用していき、帝国からガブール人を開放する為に戦う

というのが主なシナリオ。

 

特記すべきは作者のセンス。

一見するとライアーゲーム等の知略で切り抜けていく頭脳戦の様な内容ですが、作者のセンスによって生み出される強烈なセリフ回しや描写のせいでことごとくシュールな内容と化しておりシリアスな場面でも悲壮な場面でも絶え間なくシュールな笑いに包まれているのが特徴です。

その独特極まる設定や描写は一度読むと癖になります。

 

2.5次元の誘惑

愛、バトル、青春!最もジャンプなコスプレ漫画

■橋本悠

■連載:毎週土曜

2次元を愛する主人公・奥村とコスプレを愛するヒロイン・リリサによる青春熱血ラブコメ漫画。

序盤こそコスプレを題材にしたToloveる枠なセクシー漫画でしたが、回を重ねる毎に青春要素やバトル展開、覚醒等の盛り上がり見せていき

友情・努力・勝利をコスプレを通じて120%の濃度で描いている非常に熱い内容が特徴です。

公式三自ら「最もジャンプしている」と言い切っているのは伊達ではありません。

この手の漫画にありがちな「主人公が鈍感・不快」という点も皆無で、前世でどれだけ得を積んだらこんな人格に生まれ変わるんだ?と言いたくなるほどいいキャラをしているのも大きな特徴。

魅力的な女性キャラクター達と少し邪道なジャンプを楽しめる漫画となっています。

 

サラダ・ヴァイキング

地球を喰らい、起こせサラダ革命!

■ソウイチロウ

■連載:隔週土曜

宇宙人レオを主人公としたSFバトルアクション漫画。

内容を簡単に説明すると

地球人を食料にするために侵略しに来た肉食宇宙人・レオが野菜の美味さに感動し、星ごと滅ぼしてきた食欲問題から同族を救う為に農家を目指す

という非常に斬新な飯テロ漫画です。

次々と送られてくる刺客を様々な野菜で攻略していく様は逆なろう漫画のよう。

野菜の描写も非常によく描かれており、読んでいるとトマトやキュウリや豆腐が無性に食べたくなる事間違いなし。

 

アンテン様の腹の中

人の”願い”を巡る奇譚

■夜諏河樹

■連載:隔週日曜

人の願いを叶えるアンテン様と、その存在に人生を左右される人々を描いたオムニバス形式の漫画。

こちらも設定としては斬新とは言えませんが

  • 願いを叶えるにはそれと見合った「捧げモノ」が必要
  • 叶った願いは自分が死んだときに全て「無かったこと」になる

という設定を巧みに使用した伏線や描写が非常にクオリティが高いのが特徴です。

ホラーチックな描写から心温まる感動路線まで幅広いシナリオ群となっており、回毎に毎回斬新な気持ちで楽しむことが出来るのもお得感があって素晴らしい。

 

毎日がspecial

以上が自分が愛読している中で特におススメしている10作品です。

もちろんこの作品以外にも非常に面白い漫画が連載されており、そのどれもが無料で読めるというのは本当に素晴らしい。

今までは月曜日にジャンプを読むのが日課でしたが、このジャンプ+のお陰で今では月~日まで毎日漫画を楽しめるというスペシャルな毎日になっています。

皆さんもこれを機にアプリをDLし、ぜひお気に入りの作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。

https://shonenjumpplus.com/app

アプリDLはこちらから↑↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。