PS5品薄の原因と我々にできる対処法

どうも、ほんまぐろです。

2020年11月12日にPlayStation5が発売されてから約半年が経過しました。

2020年の9月に予約が開始されましたが、先着予約となったAmazonや楽天ブックスでは開始するも速攻で予約が終了。

その後度々予約の再開が行われるも悉く瞬殺され、アメリカでは10秒も経たずに予約が終了する事態も。

http://ge-soku.com/archives/ps5-64.html

そして予約が終了した直後からフリマサイトやECサイトで超高価格で転売され、大きな話題を呼びました。

そんな騒動を巻き起こしつつ発売されたPS5ですが、発売から半年経った2021年6月現在も依然として品薄状態が続いているようです。

メルカリ等のフリマサイトを覗いてみると、通常版が8万、デジタルエディションでも6万以上と実に定価の倍近い値段で取引されております。

個人的に気になって「何回目の抽選で本体を購入できたか」というアンケートをとってみたのですが、そもそもまだ購入出来てねぇよハゲという回答が7割近く占めるという惨状となってしまいました。

正直数か月すれば在庫も潤沢になり、好きな時に購入できるようになるだろうと安易な考えを持っていました。

まさか半年経ってもここまで難民が減らないとは…。

原因はコロナによる巣ごもり需要やゲーム実況の普及に伴う需要増加等が考えられますが、一番の要因は部品の不足のようです。

半導体の需要激増に伴う部品不足の為、2022年までは安定して本体を供給する事が難しい可能性が高い、との声明をソニーが出したそうです。

我々にできる事

ソニーが在庫を潤沢にする事が一番の解決方法なのは明白ですが、部品調達等はどうしようもない問題であることも事実。

我々にできる事はやはり「転売ヤーから買わない」

これに尽きると思います。

転売ヤーから買う→転売ヤーが儲かる→転売ヤーが潤う→転売ヤーが増える

という負のスパイラルはそろそろ断ち切るべき。

幸い(と言っていいかどうかはかなり微妙な所ですが)PS5でしかできないというゲームは現状そんなに無く、PS4とのマルチが大半です。

どうしても遊びたい人はPS4で体験し、そこまでという人はPS5まで他のゲームを楽しみつつ待つ、というスタイルを取っていくのが一番かなぁと思います。

我々にできる事は

・気長に待ちつつ転売ヤーに石を投げる

・Amazon等でこまめに在庫をチェックしつつ転売ヤーに石を投げる

・こまめに抽選に応募しつつ転売ヤーを血祭りに上げる

転売ヤーを抹殺する

これぐらいなのかなぁ

PS5専用のクオリティで開発されたソフトが徐々に出始める2022年に部品調達の目途が立つとともに在庫が増える事を祈るばかりです。

https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/playstation5-information/1mybbqzgcxg1d1np3hcotojrk6

PS5:発売情報まとめ

ソニーさんに一言

様々な原因で品薄状態になってしまう理由は分からなくもないですが、余りにも酷すぎませんかね??

そしてソニーに限った話ではないが、転売ヤーを野放しにし過ぎ。

無法地帯どころか紛争地帯と化してしまっています。

定期的に情報を出してくれるのは嬉しい

コントローラーの新色を出してくれるのも嬉しい

でもまずは本体の拡充でしょうやっぱり。

あとどさくさに紛れて言わせてもらいますけどカバーのカラバリも早く出してくださいね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。