シンエヴァ3大サービス追加!あれ?これって所謂…

どうも、ほんまぐろです。

2021年3月8日より劇場公開された映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が、ラストランとなる6月12日(日)より下記の3大サービスを実施する事になったそうです。

 自分も公開早々に鑑賞しましたが、賛否分かれる結末にはなっていますが非常に高い完成度で個人的には満足な内容でした。

 

そんな3大サービスですが、詳細は下記の公式サイトをご覧ください。

https://www.evangelion.co.jp/news/210607-2/

引用:シン・エヴァンゲリオン劇場版公式サイト 3大サービス情報

 

①『EVA-EXTRA-EXTRA』配布

全国合計100万人限定で、公式謹製となる冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』が配布されるそうです。

昨今のアニメ映画ではほぼ当たり前となった特典ですね。

鬼滅の映画でも柱となる前の煉獄さんのエピソードが収録された冊子が配られ、なかなかの読み応えがある特典でした。

 

しかし36ページとは映画の特典冊子とは思えない素晴らしいボリュームですね。内容は何かな?

クリエイター達による描き下ろし?ふむふむ、良いじゃん。

 

あとは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで語られることのなかった『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』前日譚

超大事かよ。

ていうか語られる事が無かったじゃないよ語れよ。

これはまた凄いものぶっこんで来ましたね~…。

これを読まずにエヴァを語る事なかれ的な内容になりそうで、また転売ヤー達がフリマサイトで大暴れしそうです…。

 

②新バージョン『EVANGELION:3.0+1.01』上映開始

劇場版本編の映像に使われているシーンのうち、カットの差し替えが行われているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え????

 

それって所謂「完全版」って奴なのでは…???

ただし差し替えはあくまでカット毎の細かな修正等であり、ストーリー等の変化があるものでは無いそうです。

それにしたってエヴァが好きで、いの一番に見に行ったファン達が損をするようなやり方はどうなんだろうとは思いました。

何回も見に来てくれる人のほうがファンじゃん」と言われたらぐうの音も出ませんが。

 

③ドルビーシネマ上映開始

全国の劇場でドルビーシネマでの上映も開始されるそうです。

詳細は冒頭の公式サイトをご確認ください。

特典と新バージョンを新たに楽しまれる方はこちらで体験されるのも良いかもしれません。

 

ゲーム業界の悪しき文化

正直特典冊子の追加程度であればなんてことなかったのですが、カットの差し替えはちょっと首をかしげざるを得ない気分です…。

同じ金額を払っているのに差異が出てしまうのは如何なんでしょう…?

公式としては6月12日からのラストランに向けて前日公開の閃光のハサウェイをぶっ潰したいブーストを掛けたいんだろうとは思いますが。

「先に買った人が複雑な思いになる」ゲーム業界における完全版のような感じに見えて、心がザワザワします。ポカポカはしない。

このままいくとミサトさんエンド、綾波エンド、リツコエンド、ゲンドウエンドみたいに有料課金で個別エンドが見れるようになるDLC商法も出てきそうな勢い。

 

 

 

……

 

 

 

ミサトさんエンドなら見たいわ。

≡ゴルゴダオブジェクト)`Д゚).・;’∴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。