【FF16】ファイナルファンタジー16 ストーリー(壮年期その7)とプレイ感想・評価【ネタバレあり】

どうも、ほんまぐろです。

2023年6月22日に発売された「FINAL FANTASY XVI」

今回はそのストーリーとプレイ感想を、世界観も交えつつご紹介して参ります。

長くなるので、クライヴの年齢に合わせ「少年期」「青年期」「壮年期」の3つに分けて書いて参ります。

【少年期】

 

【青年期】

 

【壮年期】

※どの記事もネタバレとなりますので、未プレイ・未クリアの方はご注意ください。

 

ストーリー

幻想の塔で召喚獣・オーディンのドミナントであるバルナバスを撃破したクライヴ。

バルナバスの施した王都を包む結界は消え去った。

後は最後のマザークリスタル【ドレイクスパイン】を破壊するのみ。

 

押し寄せるアカシアの大群、立ちふさがる巨大な魔獣をなぎ倒して進むクライヴとジョシュア。

しかし、城門前の広場まで侵入した時点で更に大量のアカシアに包囲されてしまう。

 

止む無くイフリートへ顕現しようとするクライヴ。

だがその瞬間、城壁を突き破ってエンタープライズ号が乗り込んでくる。

飛び出してきたのはジルやガブ達…そして召喚獣・バハムートのドミナント、ディオンその人であった。

 

思わぬ加勢を得たクライヴとジョシュアは、城門前の守りをジル達に任せてクリスタル神殿内へと突入するのであった。

 

クリスタル神殿内

そこは今までと異なり、不思議な空間が広がっていた。

 

警戒するクライヴ達の頭上から声が響く。

それはアルテマの声であった。

アルテマは遂に自身の事を語りだす。

 

「この世界では魔法という軌跡が生み出され、大いなる繁栄に導いた。」

「だが同時に【黒】が生まれ、抗えぬ脅威に蝕まれていったのだ。」

「それは我とて例外ではない。生き延びる為に【黒】の脅威から逃れるほかなかった。」

「【黒】から逃れた我は、それの及ばぬ大地を求めてさまよった。」

「肉体すらも朽ち、精神の存在となっても尚彷徨った我は遂に見つけたのだ。無垢なる地【ヴァリスゼア】を。」

「しかし、【黒】の脅威は留まる事を知らぬ。いつの日かこの地にも押し寄せよう。」

「そこで我は作る事にしたのだ。【黒】の生じぬ、新たな理に基づく創世を。」

 

全ては【黒】の無い世界を造るため。

その為にアルテマは二つの事計画を練った。

一つは「真あるべき世界」を造るために必要な莫大なエーテルを集める為、世界中にマザークリスタルを置く事。

もう一つは朽ちてしまった自身の肉体の代わりとなる「器」…ミュトスを作る為に人間を作り出す事。

そして最終的にミュトスを自身の器とし、創り上げた【真あるべき世界】で自身が新たな創造主として君臨する。

それがアルテマの真の目的であった。

 

召喚獣の力を喰らいミュトスとして成熟したクライヴを取り込むべく、アルテマは襲い掛かって来る。

 

そんなアルテマに、クライヴとジョシュアは剣を向ける。

「どんなに歪で穢れていても、ここは俺達が生きてきた世界だ」と。

 

アルテマとクライヴ・ジョシュアの戦いは互角に見えた。

それほどまでにクライヴはミュトスとして成長していたのである。

 

「ここまで力を付けたか…ならば今ここで汝の、その肥え太った自我を滅ぼす」

アルテマはそう言うと手をかざす。

その途端、クライヴの意識が遠くなる。

 

クライヴの目の前には大切な人達が立ちはだかり、彼を虚無へ引きずり込もうとする。

 

影達の言葉に呑まれそうなクライヴを救ったのは、やはりジョシュアであった。

 

彼の自我がクライヴの中に入り込み、彼をアルテマの支配から防いだのだ。

ジョシュアの想いを受け取ったクライヴはイフリートへと顕現。

溢れる力を纏い、アルテマごとマザークリスタルの粉砕に成功する。

 

「これほどまでに人間の自我が力を持つとは…。」

信じがたい光景に不快感を表すアルテマ。

 

「ならば仕方あるまい、【オリジン】をもって、我本来の力を蘇らせよう」

そういうとアルテマは全ての力を解き放つ。

その途端、周囲のエーテルがウォールード跡地へと集まりだす。

 

完成したのは今までのマザークリスタルとは比較にならない程に巨大なクリスタル。

【オリジンクリスタル】であった。

 

感想

ガブ「そうだね、辛かったんだね…。あっちで話そうか…。」

妊婦の未亡人に手を出すとか上級者向け過ぎるぞガブ。

クライヴとジョシュアの「そっち路線でいくのか~」と言いたげな背中の哀愁が凄いですね(全然違いますすいません。)

 

クリスタルまでの道中は基本的に雑魚ばかりでしたが、中ボスのベヒんもスベヒーモスは中々に強かった。

魔法連打されるとエフェクトのせいで画面が見えなくて辛いんです

ただ新しく入手したオーディンの能力が非常に強かったので攻撃面は全く苦労無し。

アビリティも範囲連打攻撃の斬鉄乱舞や行動負荷をリセットして即座に行動できる境界転移等非常に有能揃いです。

中でも斬鉄ゲージを貯めて放つ斬鉄剣はヒット数・火力共にイカレており、ライトニングロッドと併せて使用するととんでもないダメージを叩き出します。

もっとコンボを考えればダメージは跳ね上がると思いますが、何も考えずにとりあえずぶっぱしておけばOKという敷居の低さは魅力的です。

ボス戦のアルテマは正直そこまででもなかった。

しっかりモーションを見ていれば余裕で回避できる技多く、むしろ斬鉄剣のいい練習台でした。

たださぁ…

 

 

 

 

 

 

もうエフェクト限界突破してるよ…

何が何だかさっぱりだよ…

暗くて見にくい画面ににじり寄ってきた瞬間にこのカウンター。

 

殺す気か

 

ストーリー面では過去の敵が仲間になって共闘してくれる熱い展開来ました。

そういうの大好きです。

クリスタル神殿内ではアルテマ先生がわざわざ黒板まで使って自身の正体や目的を説明してくれました。

 

アルテマ「ここは試験にて顕現する場所だ。覚えておくがよい。」

色々と説明を受けて疑問に思ったのが、「結局【黒】って何?」って事です。

アルテマはヴァリスゼアを含むこの世界を造った創造神で、こいつが設置したマザークリスタルの影響で黒の一帯が進行しますっていう話だったのに。

アルテマは何かしらの生物に過ぎず、自分の住んでいる場所か黒に侵されたからヴァリスゼアに逃げてきましたって事ですよね?

じゃあ黒の一帯っていうのは結局最初から存在する現象だったって言う事?

その辺の詳しい事を説明して欲しかったのに結局はボケ老人の如く自我自我言い出して襲ってくる始末。

おじいちゃんもう自我はさっき食べたでしょ

最終的にこの旅の最終目的である「黒の一帯を止める」の「黒がなんなのか」をキッチリ説明されないままスルーされてしまって個人的にはかなり消化不良です。

この後また説明されるのかな?

 

そしてついにラストダンジョンと思わしき「オリジン」の登場。

いよいよ最終決戦です。

その前に最後の自由行動。

ラストという事もあり、サブクエやリスキーモブもかなり歯ごたえがある内容になっています。

 

 

キングベヒんもス!

 

????「ほう、リスキーモブを全て倒したか。経験が活きたな。ジュースを奢ってやろう」

 

もうこれ最終回でいいよ~~

どう考えても自己犠牲フラグバリバリだからここで幸せな停滞選んで全滅しようよ~~

¥8,091 (2023/06/30 10:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥67,980 (2023/06/30 10:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)