デジモンサヴァイブ 【第12章・前編】 プレイ感想※ネタバレあり

どうも、ほんまぐろです。

7月22日発売となった「デジモンサヴァイブ」

こちらの第12章・前編をクリアしたので、そのストーリーと感想を書いて参ります。

ネタバレとなりますので、未クリアの方はご注意ください。

各章毎の感想は下記記事よりどうぞ。

 

ストーリー

「主」が潜む祠へと乗り込んだタクマ達。

見慣れた壁画の間の更に奥、その更に奥深くへと進んでいく。

たどり着いた地下深くの間は異様な雰囲気に包まれていた。

ふとタクマ達の下へメールが届く。

以前から届いていた文字化けメールだが、いつもと様子が違う。

「〇△#無事に帰って*‘」

「帰りに”#*買って帰って△!’`」

所々が読める程度に復元されているのである。

教授はこう言う。

「ゲートを通じて並んでいる二つの世界のうち、この場所は現実世界に近い場所に位置しているせいで電波が微かに届くのではないか?」

–元の世界に近づいている–

今まで以上に期待に胸を膨らませつつ、祠の最下層へと進む。

 

祠の最下層。

そこにはミユキがいた。

まだ微かに意志を見せるミユキに、タクマ達は必死に呼びかける。

しかしそれを疎ましく思った主は遂に最終段階へと入る。

 

大量の眷属が現れ、ミユキを取り囲む。

 

主の一部となったミユキは、すさまじい力でタクマ達に攻撃を加える。

なすすべなく傷つき倒れていくアグモン達。

それでも諦めずに呼びかけ続けるレナモン。

タクマや教授、そしてレナモンの魂の叫びに反応を示すミユキ。

あともう少しで彼女を助け出せる。

その瞬間

主が纏わりつく虫を払うように腕を振るう

 

その一撃は、レナモンを貫いた。

倒れるレナモン。

消えゆく意思を感じ取ったミユキは自我を取り戻す。

それを阻むかのように主がミユキを更に締め上げる。

響く悲鳴と共に、闇から更に無数の眷属達が沸き上がる。

最早タクマ達に戦う力は残されていない。

勝てない。

誰もが絶望し、諦めていた。

 

アグモンとガブモンを除いて。

 

「タクマがもうダメだって諦めても…ボクだけはタクマの未来を諦めたりしない!」

「ボクが…タクマの不安を全部なくすからッ…!」

 

ガブモンも教授へ問いかける

 

「今度は俺を頼れよ!何のための相棒だ!?」

「アキハルの手がミユキに届かねぇなら…俺が引っ張ってやるからッ…!」

 

–そうか–

 

–僕たちには–

–私たちには–

 

–アグモン達が付いているんだ–

–ガブモン達が付いているんだ–

 

–最後まで僕たちと–

–最後まで私たちと–

 

–一緒に戦ってくれる相棒が…!–

 

二人の心が今までで一番強く輝く。

 

その輝きは、アグモンとガブモンに新たな力を与える。

 

それは、世界を救う力–

それは、何者にも負けない力–

それは、究極を超えた究極の力–

 

タクマ達が辿り着いた、大いなる存在

 

溢れる闇を一砲の下に穿ち、群がる闇を一閃の下に切り伏せる。

究極の極致「オメガモン」の手により、無限に思える眷属達は悉く滅ぼされる。

残った本体めがけて突撃するオメガモン。

主の本体を切り開くと、中から強引にミユキを引きずり出す。

遂にミユキを取り戻すことに成功する。

心を取り戻すミユキ。

それを見たレナモンは、満足そうに消えていった。

泣き叫ぶハルとミユキ。

しかしミユキの手に落ちた涙とレナモンの光が重なり、大きな卵が産まれる。

レナモンは再びこの世に生を受けたのである。

ミユキを取り戻したタクマ達はオメガモンと共に更に深く広がる闇へと突入していく–

 

感想

オメガモンかっけぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!

 

 

はい。

それだけです。

やっぱりオメガモンがデジモンの顔と言っても過言ではない。

何十年たってもこいつの格好良さは永久に不滅です。

アグモンとガブモンが揃った時点で絶対に出てくると確信していたけど、むしろそれが良い。

ここは王道でいい!

ここでちょっと捻くれたデジモン出して来たらオールデリートしているところです。

肝心の強さですが

グレイソードが通常攻撃にされててちょっと凹みました…。

 

いやいや…システム上技は1つだけなのはわかってるけどさ…。

そこは特別でいいじゃん!超究極体が泣いてらぁ!

肝心の技「ガルルキャノン」は広範囲・超火力・凍結異常と至れり尽くせりの必殺技ですが、消費SPが驚異の100と燃費悪いうえに、その技を振るうステージがそんなに残っていないというところが難点ですかね…。

おそらく2週目限定の高難易度ダンジョンとかあると思うので、そこで存分に活躍してもらいましょう。

いよいよ次回、最終回です。

¥6,282 (2022/07/29 15:54時点 | Amazon調べ)
¥6,618 (2022/07/29 15:53時点 | Amazon調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。